×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1リットルの涙応援サイト
映画「1リットルの涙」情報ドラマ「1リットルの涙」情報原作「1リットルの涙」情報映画・ドラマ・原作「1リットルの涙」の感想映画「1リットルの涙」掲示板
楽天市場でみる1リットルの涙wikipediaで見る1リットルの涙Yahoo!検索で見る1リットルの涙Googleで見る1リットルの涙
映画「1リットルの涙」情報
ドラマ「1リットルの涙」情報
原作「1リットルの涙」情報
映画「1リットルの涙」掲示板
映画・ドラマ・原作「1リットルの涙」の感想
映画・ドラマ「1リットルの涙」出演者情報
 
このサイトについて
LINK
MAIL
プライバシーポリシー


ラストレター「1リットルの涙」亜也の58通の手紙 「1リットルの涙」難病と闘い続ける少女亜也の日記 いのちのハードル「1リットルの涙」母の手記 漫画「1リットルの涙」
ラストレター
「1リットルの涙」
亜也の58通の手紙
1リットルの涙
難病と闘い続ける
少女亜也の日記
いのちのハードル
「1リットルの涙」
母の手記
1リットルの涙
病気が進行し、絶望の淵にいる少女に光を与えてくれたのは3人の親友との手紙の交流だった。ベストセラー『1リットルの涙』の亜也が友に宛てた感動の手紙58通を完全収録。感動、再び! 15歳の夏、恐ろしい病魔が少女から青春を奪った。数々の苦難が襲いかかる中、日記を書き続けることが生きる支えだった。最期まで懸命に生きた少女の言葉が綴られたベストセラー。 難病という重い障害を背負う娘の命が、ついに尽きようとする時、夢を叶えてやるため、天国へ嫁がせる結婚式を行うことを決意する。母と娘の絆、生きる意味を問う、感動の手記。 「神様、病気はどうして私を選んだの?」難病を抱えながらも最期のその時まで力いっぱい生き抜いた少女の魂の記録。ベストセラーのコミック化。
2006年4月13日出版 2005年2月23日出版 2005年2月23日出版 2005年10月24日出版
480円 560円 560円 660円
文庫 文庫 文庫 B6判並製
木藤亜也 木藤亜也 木藤潮香 KITA/木藤亜也

ラストレター「1リットルの涙」亜也の58通の手紙
ラストレター
「1リットルの涙」
亜也の58通の手紙
生への絶望の中で、唯一、少女に光を与えてくれたもの、それは三人の親友からの手紙だった。『1リットルの涙』から20年、亜也の手紙を初公開。生きる勇気を与えてくれる感動の手紙集。
2005年8月30日出版
1,260円
四六判
木藤亜也


エフエー出版 マルス出版
小学館
1リットルの涙難病と闘い続ける少女亜也の日記 いのちのハードル「1リットルの涙」母の手記 画像がありません お手本なしの人生『1リットルの涙』亜也の詩(うた)
1リットルの涙
難病と闘い続ける少女
亜也の日記
いのちのハードル
「1リットルの涙」
母の手記
負けとったら
いかんじゃん

「1リットルの涙」物語
お手本なしの人生
『1リットルの涙』
亜也の詩(うた)
私は何のために生きているの?お母さんなら私の中のキラッと光るものを見つけてくれると思います。教えて下さい。私は生きたいのです―。生きる希望を万感こめて綴った、難病と闘い続ける少女・亜也の日記。 「底なしに沈んでいく亜也の心を救いあげるのは、励ましでもなく慰めでもない。亜也と一緒に笑うことだけだった」難病と闘いながら生きることの尊さを訴え続けたわが子と共に歩いた10年間を万感を込めて綴る。 お母さん、わたしは、なんのために生きているの。難病とけんめいに闘いつづけた木藤亜也さんの生きる勇気を描く、感動ノンフィクション。小学中級以上。 生きる意味を問い続けた木藤亜也さんの、命のことば集
『1リットルの涙』単行本出版から20年。母の潮香さんが、遺された亜也さんのノートから「今だからこそ伝えたいことば」を選び、そのことばを詩集の形にまとめました。亜也さんの思い出の写真やノートも掲載。
1986年2月25日出版 1989年5月30日出版 1993年12月出版 2006年11月01日出版
1,223円 1,223円 1,529円 1,155円
四六判 四六判 21x15(cm) 四六判
木藤亜也 木藤潮香 藤崎 康夫
みのしま きぬよ
木藤亜也
映画、ドラマ、1リットルの涙、1リットルの涙、一リットルの涙応援サイトです。